Chat with us,powered by LiveChat

スリランカのアーユルヴェーダ

スリランカのアーユルヴェーダは千年以上もの間この島で行われ、現在も島国家で主要な医療システムになっているのがアーユルヴェーダです。スリランカは、10~15年前からアーユルヴェーダ治療を受けたい日本人のお客様に人気のある避暑地でもあります。多くの人々は、アーユルヴェーダの心身一体的な視点に魅了されています。多くの人々は、より良い健康を得るために薬物投与に頼らず代わりに食事療法やライフスタイルへ移行する医療システムを歓迎しています。スリランカの南岸と併せて発見された熱帯気候はさらなる利点をもたらしています。この暖かさが肌の毛穴を広げ、ディープクレンジングや体のデトックスを促進するのを助けます。

古代インドの源であるアーユルヴェーダは、世界最古の科学的医療システムです。アーユルヴェーダは主に2つの考慮事項に重点を置いています:

  • 病気の原因の除去
  • 良好な健康状態と長寿の積極的な促進

アーユルヴェーダは生き方を記述しています:ヨガ、瞑想、生活様式の習慣、振る舞い、食事療法、デトックス、若返り治療(パンチャカルマ)など、これらは健康を保ち長生きするのに役立ちます。この総合的な健康上の観点から、病気の治療や良好な健康状態を維持する上で食事療法やライフスタイルの役割が非常に重要なので、アーユルヴェーダを病気の症状を治療しようとする西洋式の医療システムから離して認めていません。

3つのドーシャ(Dosha)のバランスが取れている時に私たちは健康です。それらのバランスが崩れている時に病気に感染しやすいです。このバランスの欠落は、以下のような多くの要因により起こることがあります:

  • 新陳代謝の不全
  • 体からの老廃物の排出不全
  • 不十分な食事
  • 睡眠不足と不十分なリラックス
  • 公害
  • 心身的なストレス
  • 体内の生体毒素の生成と蓄積

短期間のうちに、体は自己回復作用によってアンバランスを安定させたり修正したりすることができる可能性があります、しかしながら、これが起きない場合、代謝毒性の生成は免疫システムを弱める原因になったり病気の始まりを助長したりするかもしれません。