パンチャカルマ

アーユルヴェーダ(“治療と長生の術”という意)は、浄化と若返り(パンチャカルマ)から全般的な健康を再生するのを目的にした科学的な医療システムを取り入れています。この伝統的なデトックス法は、病気の原因を取り除き、ヴァタ(Vata)、ピッタ(Pitta)、カファ(Kapha)の不均衡を正します。

パンチャカルマを構成する手順は5つあります:ヴァマナ(Vamana:治療上の嘔吐)、ヴィレーチャナ(Virechena)、ヴァスティ(Vasti/Basti)、ラクサマクシャン(rakthamakshan:放血、Surya Lankaでは行いません)。一連の施術は、アーユルヴェーダの原則に従って施されます:

  1. プールヴァカルマ(Purvakarma:前処置)- 浄化プロセス中に自然な体の開口部から排出されるところから体内の毒素を運びます。この段階は、特殊なオイルを用いてスネハナ(snehanam)スチームとマッサージを含めます。このプロセスを完全に終わらせないと、浄化プロセスが終わらず体から毒素が取り除けないので重要です。
  2. パンチャカルマ(Pradhanakarma:主要処置)- ヴァスティ(Vasti)、ヴィレーチャナ(Virechena)、ナシャ(Nasha)やヴァマナ(Vamana)を介して毒素を本格的に排出します。これら施術のいくつかは、効果的に機能させるために食事制限が必要です。
  3. パシュタタカルマ(後処置)- 食事の調整、再生セラピー、薬が含まれます。

パンチャカルマ プログラムはこれら3段階で施されることが重要です。やみくもな方法や適切な処置をせずに施術するマッサージは完全なデトックスをもたらさず不幸な副作用を招く恐れさえもあります。

Surya Lankaでは、本物のパンチャカルマを行っています。私たちは3タイプのパンチャカルマ プログラムをご用意しています。各レベルは、お客様それぞれのニーズや個々の病状に応じて、“広範囲“、“結果優先”、“すぐ反応”とあります。